6月 202018
 

京都木材青年経営者協議会の平成30年度研修委員長の海老名宣行です。
良い木の香りがする家をつくらせたら1番でありたいです。

今日は夜に、京都木材青年経営者協議会の研修委員会の事業として、座談会を開催しました。

なんとか我々若手経営者が刺激を受けて変わっていきたいという思いから、京都で業績を伸ばされている社長さんを囲んで座談会をしようということで、とある社長さんに京都木材会館にお越しいただきました。

 

京都で業績を伸ばされている社長さん

 

IMG_2005

 

 

IMG_2006

 

 

IMG_2007

 

 

どのような方かと言いますと、下に書きましたような感じで、ストイックで自分の信念を貫かれた方という印象です。

 

※5月16日に初めてお会いしたときの内容をもとに作成していますので間違いがある可能性があります。

 

株式会社神都綜合管理
代表取締役 山本哲男 様

 

大阪生まれ。現在54歳。35歳まで大阪にてアパレル業界で働き年収1000万円を越えていたが、起業を計画。

「つぶれることの無い事業」を第一に考え、茶業などを検討するが、1200年以上の歴史を持つ日本の(特に京都の)神社仏閣の綜合的な管理を目的として、家族4人で京都御室のボロアパートへ引っ越し起業する。

しかし起業はしてみたものの、新規参入の壁は分厚く、仕事もなく、貯金を削りながらの生活が3年間続く。その間、早朝4時頃から営業ではなく「奉仕活動」として神社仏閣のトイレ掃除を毎日自主的に行う。しかも海外の掃除用薬剤を個人輸入して試行錯誤しながら。受注出来るかどうかもわからない闇の中をただただ自分を信じて。

その奉仕活動が実を結び、神社の宮司さん自ら会いに来られて清掃管理の依頼を受注。以後、世界遺産を含め京都の神社仏閣から多数の清掃管理業務を受注し、更には造園、フロアマットの交換、リフォーム、保安管理等たくさんの業務の依頼を受け、今現在約50人の従業員を抱える企業に成長。現在はスポーツ館ミツハシにて講演会を行うなど、若い人達に向けてエールを送っている。

5月16日に初めてお会いした時点でも、「この人のストイックさはすごい」と思っていましたが、やはりすごい人でした。

 

若い人に伝えたいこと

 

若い人に伝えたいことは、繰り返しおっしゃっておられましたが、ぼかして書きますと、

根を広く深く伸ばせ = 基本をおろそかにするな
感性を磨け
自分の弱さを認めろ
何かあっても人のせいではない。自分のせい
攻撃は最大の防御
ウサギとカメ

といったところで、これらを全てコツコツコツコツご自身でも実践されています。

 

大切なのは「良いと思ったことを毎日の習慣とすること」

 

これは配布されていた資料からの引用ですが、
「心が変われば、行動が変わる。行動が変われば、そのうち習慣が変わる。習慣が変われば、やがて人格が変わる。人格が変われば、ついに運命が変わる。」

最も大事なことは、おそらく「良いと思ったことを毎日の習慣とすること」なんだと思います。
良いことやこれをやろうと思ったことを習慣化していった積み重ねが今の山本社長をつくっていると思います。

今の僕は、自社ウェブサイトでのブログやSNSの毎日更新でヒイヒイ言ってます。これが習慣となったら、毎日の習慣になっている歯磨きと同じで、やらないと気持ち悪いということに変わっていくんだろうなと思います。数日前までもうなんかブログ書くのやめようかなとか思ってました。

さあ、SNSやブログに限らず、良いと思ったことを毎日の習慣としていきたいと思います。

 Posted by at 9:02 AM

Sorry, the comment form is closed at this time.